どこまで確率上げられるか? 見たい夢を見るレッスン2

投稿日: カテゴリー: ブログ

こんにちは

今年もあと1日となりました!
今日は初めて近所の神社の大祓えに立ち寄ってみました。お納めした人形代と紙吹雪で今年の汚れは綺麗さっぱり払ってもらえたかな?

さて、前回に続き、初夢はいい夢を見たいよねやっぱり♪
ということで、見たい夢を見るレッスンその2をお届けいたします。

 

見たい夢を見るために必要な眠り方・起き方

私は夢を見ません!とおっしゃる方もいます。
う~ん、見ていないのではなく、おそらく覚えていないだけ。

睡眠には浅い眠りのレム睡眠・深い眠りのノンレム睡眠とありますが、
レム睡眠中は基本的にバリバリ夢を見ています。これは人間だけでなく動物もどうやら同じみたい。

もし、このレム睡眠がなかったら、ストレスで耐えられなくなっているかもしれない・・・・
良い睡眠がとれている人ほど、両方の波がきちんと訪れています。

 

なので、見たい夢を見るための眠り方というと、前回お伝えしたように良い眠りを取ること。

そして夢を起きた時に「覚えている」ためには、この覚醒に向かう浅い睡眠のタイミングできちんと起きられるかどうか?にかかっています。
もし、深い睡眠(ノンレム睡眠)中に起こされると、睡眠慣性が働いて、眠気残りがあってスッキリ目覚めた気がしません。
浅い睡眠は目覚める準備が出来ている睡眠であるとも言えます。

ですから、スッキリ感を感じられるタイミングで起きる時間を掴んで置くことは大事です。

 

夢を覚えておくには?

では、ちょうど良いタイミングで起きられるとします。
でも、夢は覚えていない!という方もいらっしゃいます。

 

そんな人の練習がこのレッスン2。
「明晰夢を見る」です。※注意点は次の項で

 

なに?それ?
簡単に言うと、誰でもじつは起こっています。これまた覚えてないだけ。
夢の中でこれは夢だと自覚できる夢。そして半分意識的に願望などを反映できる夢。と言えます。
この自覚できている状態で目覚めると覚えている確率がグッと上がるわけです。

ある実験によると明晰夢中は他の夢の時とは違って、前頭葉が特殊な脳波を示すとか。
起きて行う瞑想に近い状態みたいです。

ということは、夢で夢だと自覚があれば夢をコントロールできそうですよね!
登場して欲しい人を登場させられることも可能。

 

ま、コントロールの前にまずは、夢を覚えておくこと。
そこからです。
ただし・・・ここで注意点。
やたらめったら練習はしないほうが良い。

どういう点に注意しなければならないか?

①良い睡眠がとれていることが条件です!
睡眠不足状態の時に練習しようとすると、そのタイミングで起きることになります。起きちゃってまた睡眠時間が短くなった・・・・なんて本末転倒です!

 

②夢はその時の精神状態を色濃く反映します。精神的にストレスを感じているときに見ようとすると、悪夢の方を増長することになる確率が高いです!脳に嫌な記憶をさらに定着。ストレスが悪化しかねません。

 

③レム睡眠は明け方だけでなく、夜中にも何度か脳波の山が上がってきます。あまり見ようと意気込み過ぎるとこれまた夜中のレムの時に起きてしまうかもしれません。ゆるく構えるぐらいでちょうど良いのです。

 

④行き過ぎた願望が一歩間違うと、現実と非現実の境を曖昧にし、妄想に発展することも。これも精神に深く関係しますので、うつ状態などメンタルの不調・病気の方は避けたほうがいいと言えます。

 

まとめ

といことで、見たい夢を見る確率を上げるレッスン2は、精神的にも肉体的にも状態のいい時=良い睡眠を取れている時に、
「夢を覚えておく」レッスンをすることが必要なんですね。
一生懸命やる!ではなく、ゆる~く楽~な気分で、いい夢覚えていられたらいいなぁ~ぐらいの感時から始めてくださいね☆

 

さて、次回は予想通り、レッスン3!
ほかにどんなことをやるといいのでしょう?
次回をお楽しみに♪
今日はここまで☆
今晩も良い眠りを・・・

 

自分らしさ100%輝くあなたを応援します☆
↓をクリック!
にほんブログ村 健康ブログ 睡眠・早寝早起きへ
にほんブログ村