楽しく頑張る「起業家女性」のための、魅力をUPする睡眠のコツ

投稿日: カテゴリー: 未分類

こんにちは!

快眠アンバサダー小林瑞穂です。

 

さて、今回は、楽しく頑張る女性の「魅力」をMAX引き出す眠りのポイントをご紹介いたします。

ゴールデンタイムに寝るだけじゃない!?それをさらに活用するコツです✩

 

 

ゴールデンタイムっていつ?

最近ではご存知の方も増えてきました。ゴールデンタイム。

それはいつ?何時?

以前にもご紹介しましたが、

『入眠後3時間』

をさします。

 

そう、22時から1時とか、23時から2時とかではありません。

睡眠に落ちてから3時間です。

 

では、どんなに遅く寝てもそこから3時間か?

と言うとそれも違う。

光やホルモンの影響、それまでの疲労度、過ごし方なども影響します。

 

理想は、朝、目覚めて日光を浴びてから、

ちょうどメラトニンの分泌が始まる15~16時間後ぐらいからに眠りにつくイメージ。

7時に起きるならば、23時ですね。

とすると、22時、23時~1、2時がゴールデンとも言えなくないのです。

ここに誤解が生じた理由があるのです。

 

でもこれは、あくまで理想です。

現実のライフスタイルでは、

朝は子供の世話があったり、時には仕事のお付き合いあったり、自分の時間を夜に取ることも。

なので、『時刻』にとらわれすぎないことも、

美や魅力の天敵=ストレスを感じないコツです✩

 

 

ゴールデンタイムに何が起こってるの?

1)一つは成長ホルモンの分泌。

これによって、骨や筋肉、肪、免疫、脳など各種細胞の修復や再生、

代謝の促進、機能維持や、記憶の定着、気分の調節などにも関わります。

 

第一印象は見た目9割のように、「魅力」の重要な一つである外見。

美人かどうか?はその時代の好みや遺伝に由来する部分もおおいかもしれません。

しかし、自分の持つ外見的な美しさを表現するのは、

肌ツヤであったり、姿勢や、目の輝き、表情や、動きだったりします。

 

これを創り出し、キープし、発揮させるのが睡眠。

とくにゴールデンタイムと言われます。

 

 

2)もう一つに、「脳の唯一の休息タイム」であることがあります。

実は脳は、脳波的に深い睡眠と言われる状態でないと休めません。

いわゆる、簡単には目覚めないくらいの眠りに落ちている状態。

逆に、浅い睡眠では脳は容易に覚醒できる状態にあります。

夢を見ているのもこの浅い睡眠ともっと浅いレム睡眠の時。

 

昼間一生懸命働いてくれた脳ミソ。

ストレス(いいことも悪いことも)に耐えてくれた脳ミソ。

しっかり休めないと疲労が蓄積していくばかり。

この深い睡眠の8割は入眠後3時間=ゴールデンタイムに発生します。

 

「魅力」の一番大事な<内面>を引き出し、コントロールするのは脳です。

 

しっかり休んで、しっかり働く状態にしていないと・・・

気分や、頭の回転、コミュニケーションなどに大きく影響を及ぼします。

 

もちろん睡眠には、休むだけでなく、バランスを取り整える&育てる機能もあるわけです。

 

 

あなたにとって必要な睡眠時間を確保する

じゃあ3時間眠ればいいの?

いえいえ、それだけでは多くの方は足りない。

睡眠不足が蓄積していき、どんどん肉体&精神的に疲労が進み、魅力は半減。

最終的には病気につながります。

 

肉体の疲労回復は、エネルギーや体を形成するに必要な物質と、睡眠と安静で得られます。

後半は浅い眠りが多いわけですが、3時間では足りない疲労回復や準備も行われます。

 

また、後半の睡眠中は浅い眠りの方が圧倒的に多い。

実はこの時、記憶やメンタルに関わる処理が活発に行われてもいます。

夢でストレスの処理を行っていたりも。

 

経験し、感動し、学習し、日々身についていく自分らしさ=「魅力』を存分に「発揮」するためには

この後半もないがしろにしてはいけないと言えます。

 

では何時間?と良く聞かれますが、こう答えさせてもらいます。

必要な長さは、実は自分の体が教えてくれます。

人によって、その時のライフスタイルによっても違います。

 

 

魅力を引き出す眠りを得る寝る前の過ごし方

では、そんなゴールデンタイム&後半の眠りを迎えるために必要な寝る前のコツとは?

 

1)しっかり『ゆるめる』

そうです。「得する睡眠法」でもここでも、何度もご紹介した、

「ゆるめる」です。

 

副交感神経の働きを優位にすること。

全ての快眠の基本です。

(※詳しくは過去ブログを参照)

 

と同時に、寝る前の最後の体験を

<イヤな気分>で終わらせないためにも「ゆるめる」は活用できます。

 

人間の脳は、マイナスなこと=恐怖や不安などに大きく反応しがち。

生き物だから当たり前といえば当たり前。

危険に反応するようにできている。

 

良く、ホラー映画を見て怖いまま眠ると夢でうなされたりしますよね。

一方では、夢で体験することで、それで終了!よかったよかった。

とストレス処理しているとも言えます。

でも一方で、潜在意識にその恐怖を万が一の時の対策として、

刷り込んでいるとも言えます。

 

余計な不安や悩みやストレスを潜在意識に刷り込まない!

そのためにも、夜は「ゆるめる」でしめる。

これが最大のコツです。

 

2)アミノ酸摂取

外面の魅力のためには・・・

やはり細胞の<原料>は必要。

 

睡眠はエネルギー保存の方向となる行動。

昼間より格段にエネルギー消費は低下します。

でも、体を作ることは睡眠中に多く行われています。

 

巷では、様々な食事タイプがあります。

和食がいい、いや菜食主義だ、ジャンク大好き、1日1食、ダイエット方法などなど・・・

ご本人が健康的で問題なければどれでもよし!

でもね、極端に偏っている方の肌ツヤ・・・あまり綺麗とは言い難い気がするのは私だけでしょうか?

 

今この時、日本で周りの人と伴に、楽しく元氣に暮らしていく。

大丈夫?元氣?と心配される外見ではなく、

周りも元氣にできる「魅力」が欲しいのは私だけ?

 

植物性だろうが動物性だろうが、天然だろうが合成だろうが、ここでは問いません。

自分の体が必要とする<原料>をきちんと摂取する。

睡眠を十分に活用するために。

 

また、アミノ酸の中には、快眠に関する成分も沢山あります。

さらに、当然ですが、アミノ酸だけでなく、

水分はもちろん、糖質・脂質・ミネラルなどの供給もお忘れなく。

 

 

まとめ

『魅力』は、

起きている間に学習し

寝ている間に育てる

と言えるのではないでしょうか?

 

昼間、楽しく働く起業家女性は、夜も大事にしなくちゃですね✩