通勤時間と睡眠時間 その1

投稿日: カテゴリー: ブログ

お久しぶりです✩

今日は通勤時間対策のお話第一弾!

 

通勤時間が睡眠時間を圧迫!

 

・・・わかっちゃいるんですけどね・・・。

 

インターネット調査会社のマクロミルが行った

「通勤・通学電車に関する調査(2016年)」によれば、

東京都内への通勤者で片道1時間以上をかけている人の割合は55%にもなる。

往復で1日2時間以上を通勤に費やしているため、

この時間を短縮すれば7時間以上の睡眠を確保できる。

https://honote.macromill.com/report/20161011/

 

 

今の日本では、こればかりは、個人で解決できない面の方が多い。

社会全体として取り組まなければならない。

我々専門家も訴え続けなければ!

 

個人でできる対策で、手撮り早いのは、

『会社の近くに引っ越す』や

『会社の近くで遅い日用のルームシェア』

いずれも・・・単身である程度の金銭的余裕がないと

中々難しかったりするわけで・・・。

 

実は私は、長時間通勤はほとんどしたことが無いのです(^^;

配属の関係で地方が多かったり、

古さや作りよりも「利便性」を重視して引っ越したりするもので。

 

 

でも、現実、今すぐ距離を縮めるわけには行かない人が大多数。

そこで、通勤時間中、もし座れたらなにします?

のアンケートを実施してみました。

さてさて、皆さん睡眠に影響があるってわかっているかなぁ?

 

通勤時間の使い方

アンケートのTOP3

1.スマホチェック(仕事含む)

2.寝る(ほかの事してても結局寝ちゃう含む)

3.読書

 

ま、やっぱり!だよね!という回答。

 

う~ん・・・実はこれら、

有効な場合とそうでない場合があるんだよね~

睡眠的には。

 

次回は、一つ一つ分解して、

スマホならどういう、

読書ならどういう、

寝るならどういう

方法が良いか?をお伝えしてみようと思います。

※あくまで良い睡眠に軸を置いた場合ね(^^;

 

 

人生、上手に寝たもん勝ち!

今夜もよい眠りを・・・✩