寝たほうがいい人と、寝なくても大丈夫な人  

投稿日: カテゴリー: ブログ

こんにちは

今日は、パフォーマンスの前にあらかじめ確認しておくべきこと。
それは、自分のタイプです。

あなたは寝たほうがいい人?寝なくてもいい人?
は~い!私は眠ったほうが断然パフォーマンス発揮できるタイプ(笑)

短時間睡眠者=ショートスリーパーって?

ショートスリーパーとは、極短時間の睡眠(約3時間程度)でも、
心身共に全く問題が起きない人。

 

基本的には、これは遺伝子が関係していると言われています。
一方で苦労の末、後天的にそういう体質を作り上げた人もいます。

どのくらいいるのでしょう?

 

ショートスリーパーの割合

人口の1~2%と言われています。(元々ショートで平気な人の割合ね)

つまり100人に1人か2人。。。

 

普通は、それなりに長く寝る事が必要なのです。

長ければ良いというものでもありませんが・・・
※そのあたりはまた今度
中には後天的にとお伝えしました。
でも、多くの人は、短眠者にはなれません。
では、短眠になれる人に必要なのは?

ショートスリーパーへの道

 

まず、睡眠に関する正しい知識が必要です。
無闇やたらに「頑張って」も体を壊すだけ。

・睡眠役割・もたらす効果
・良質な睡眠を取るために必要なこと
・長かった人が短くしていくための、正しいやり方に関する知識
そして、他にも必要なことが・・・

・周囲との関係・理解
・なぜ短時間睡眠になりたいか?ポジティブな強い動機
・今現在健康であること
・気長に取り組む今期
・時間管理を自分でやりやすい環境

どうでしょう?準備は出来ていますか?

 

寝た方がパフォーマンス発揮できる人たちへ

 

さてさていかがでしょう?

そもそも短時間睡眠でOKの人は遺伝的に少ない。
後天的に短時間型睡眠を手に入れるにはハードルが高い。

そう感じた方。

大丈夫!安心してください♡
先ずは、自分がどっちのタイプか?を知ること。

そして効率よく、パフォーマンスをもっと上げるには?

本当のところは、「とにかく長く寝ること」ではなくて
<<上手に寝ること>>
私は・・・寝ないで体を手に入れるより、
しっかり寝て発揮できる自己管理能力を手に入れるほうがいいなぁ(笑)
だって、寝ている間には、いろんなことが起きているもの♪
いずれにせよ、まず大多数はロングであること。
今の自分はどちらか?
そしてどうしたいのか?

それを明確にしていかないとですよね。

 

http://bit.ly/2lWbUxE

 

にほんブログ村 経営ブログ マインドセットへ
にほんブログ村